忍者ブログ


-----secret-----
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少し、忙しかった。

朝から暖かかった。雪にならず雨になった。積もった雪が埃に汚れて見苦しい。
風の強い一日であった。


娘の、幼稚園のお気に入りの男友達は「りゅうちゃん」だと聞いていた。
今晩、娘の話に出てくる男は「としくん」である。
不審に思い「りゅうちゃんはどうしたの?」と尋ねたら、娘の中では彼は過去の男になっているらしい。変なことをするから嫌なのだとか、そういうことを言う。
どんな変なことをするのか、極めて興味深いのであるが、娘は詳しくは語らない。語るほどのこともないのか、忘却の彼方なのだろう。
とにかく、としくんである。
「としくんが好きなの?」と尋ねたら、「大好き」と言う。
「じゃあ、お父さんは?」と尋ねたら、「割と、好き」と言う。

『割と』というのが、俺の神経に引っかかる。少なくとも、『大好き』よりは下位に位置する表現であろう。
としくんが俺のスイッチをONにした。

娘はとしくんの人となりについて要領を得た話をしてくれない。よって、妻に「としくんてどんな男?」と尋ねてみる。
「同じ班の子みたいやよ」と妻が教えてくれた。
なるほど、幼稚園での生活を共にしているうちに、好意が芽生えたらしい。
「かっこいいんか?」とさらに尋ねる。娘は肯定したが、妻はあまり知らないのか「目が二つで・・・」とか、まったく笑えん形容をして誤魔化した。軽くイラっとくる。
「どんな家の息子だ?父親は何をしている?」とさらに妻に尋ねる。あほなことを質問している自覚はあるが、気になるのだから訊いてしまう。
妻は「知るわけがない」と苦笑する。『わけ』というところにアクセントをつけたのに、イライラっとくる。
素知らぬ顔で、俺の剥いてやったりんごをぱくついている娘にもイラっとくる反面、可愛くてしかたない・・・のがイラっとくる(?)。
妻が、俺はとしくんには異様な興味を抱くのに、自分の好きな男には興味を示さない、と笑いながら文句を言った。
苦笑する。失礼しました、という感じだ。


好きな男って、奥さん(笑)
Sというバタ臭い顔をした若い俳優のことですか?
それともDVDではまったTという俳優ですか?
もしかして、いきつけのスーパーにイケメンのレジバイト学生がいるとかか!?
だったら奥さん、禁足令を出します♪
PR

久しぶりの日記である。いや、久しぶりの娑婆とでもいおうか・・・。
俺は本日無事退院をした。

7月31日に入院して、8月1日午後より手術を受けた。
12時30分に手術室に入り、19時少し前に終了した。
手術室に自分で点滴台を押しながら入場したせいか、不安感が沸き起こり、手が震えて仕方がなかった。腰に麻酔を入れた後はもう覚えていない。
気が付いたのは、ICUで妻と姉弟が「終わったよ。きれいに取れたって」と心配半分、安堵感半分の表情で、俺を見下ろしていた時であった。実のところそれさえも、夢うつつである。
妻が約束を半分だけ守り、君に電話をしてくれたと、後から聞かされた。何だか、話しにくそうであったというのは本当か? ちょっと苦笑することであった。

yukata_kuro.JPG術後は下痢になった。
いきなりのナースとのスカトロプレイである。最高に恥辱系であった。
もう恥ずかしいのもなにも無くなり、やりたい放題できる心境になった。その点では良かったとも言える(?)。
術後二日目くらいからは、激しい嘔気に襲われた。
これは長々と続き、不味い粥はおろか、重湯さえも受け付けず、30分ごと吐いておった。おかげで眠ることも出来ず。地獄の苦しみであった。
当然のこと、ナースのケツの観察などしておられなかった。
麻酔薬の副作用にしては長く続いた。精神的なものかもしれない。
俺が入院する直前まで担当していた患者が同じような状態であったので、何かの縁であろうか、と思うと可笑しく思える。しかし当時はそんな余裕はなかった。
また、血圧が一時高くなり、ふらふらするのにも苦しまされた。片腎になったせいか。
(↑そのころの俺の写真である。一応顔は伏せさせてもらう。パンツが垣間見えるのはご愛嬌である)

病気については、当初の予想通り腎細胞癌であった。周囲への浸潤はなく、画像診断上転移もない。細胞の悪性度はgrade1~3あるうちのgrade2である。病期はⅠ~ⅣあるうちのⅠであり、最も早期に発見されたこととなる。5年生存率は90%以上である。
ただし癌であることには違いなく、今後再発・転移の検査はずっと必要となる。


今回のことで、沢山の人の心配をもらい、暖かい励ましの言葉もかけてもらった。ありがたいと思う。ここでお礼を申し上げたい。

『みなさん、ありがとうございます。ご心配をおかけしましたが、早めに退院できました。
状態も問題なく、今しばらくは静養に努めるつもりです。
どうぞ、時折ここを訪れて、様子を見守ってくださいね。』

暑いが、爽やかな暑さ。まるで秋の始まりを思わせる空気でもあった。

先日の金沢の大雨では、友達数人から安否を気遣うメールをいただいた。遠くから、他人の様子を気に掛けてくれる、それのできる心象に感激した。
福井は激しい雨と雷の悪天候であった。4年前の水害を思わせたが、洪水の出ることはなかった。

今日は午後までの勤務にしたく思ったが、そういうわけにはいかず。貧乏稼業である、とつくづく思う。
午後を大きく割って、5時過ぎの退勤となった。
そうもあろうかと、妻に入院のしたくを任せておいたのでよかった。

帰宅後、したくの確認をした。
浴衣など、見慣れてはいるが、初めて着る病人装束である。
妻がサイズを心配して、試しに羽織らされた。丈が多少短かった。浴衣ゆえ、許容範囲であろうか。
娘が「○○のは?」と自分のも欲しがって、頓狂な言葉を掛けた。病人じみた柄の浴衣であるのにこんなものが欲しいのかい、と思うと、笑えた。

夜になると、妻は心配になってきたようである。
俺の病状や治療に関することは勿論、入院中一人になるのが心細い、とか言う。娘のことなど、手の掛かることも多いから、さもありなん。
不甲斐ない妻とも思える。しかし、たった10日あまりのことを不安がる妻を憐れと思う気持ちが、俺には多い。
病院と家を行ったり来たりしているうちに終わってしまうだろう、と慰めた。
病状については、手術して初めて詳しいところがわかるのであるが、努めて不安感を煽らないように、早期に発見されたことを強調しておいた。
妻は納得がいったようではなかった。それはもう、なすすべのない種類のことであろう。


明日入院をする。
あさっては手術だ。ちちははに貰った傷のない体にメスを入れられる。
怖い、と思う。それ以上に、癌を思ったからだを怖いと思う。
君が祈ったように、名も知らぬ明るい星に向かって念をこめる。
もう一度健康を取り戻して、ここに立てるように、と。


*明日より、ご覧の理由によりブログの更新を休止いたします。
 mixiおよびPCメール、その他すべてのネット活動も同様です。
 ご了承ください。

昨日に引き続き猛暑日。フェーン現象の影響であるそうだ。


朝一番で、紹介先の病院受診。娘を預けてから、妻も合流した。
初診の後、血液検査、尿検査、超音波検査、胸部X線写真撮影、肺機能検査など、施行される。
新しく立て替えられた美しい病院内を行ったり来たりした。かなり歩いたと思う。
ものめずらしく周りをきょろきょろ見て、感心したり、これはどうかなーと思ってみたり。妻に悲壮感がないと、変な叱られ方をしてしまった。今から悲壮感を持ってどうする。

紹介元の病院でしたCT検査のデータを持参していったのだが、紹介先の病院でより高度な、3DのCT検査を実施したいとのこと。明後日の午前と言われたが到底無理なので、明後日の午後にごり押し気味に予約を入れてもらった。

やはり、ここでも診断は腎細胞癌。そうそう診断が変わっても困るが。
手術は一番早い予定で入れてもらって、8月1日である。前日に入院をする算段である。順調に予定が詰まっていく、と他人事のような感慨を持つ。
妻は紹介先のベテラン泌尿器科医の説明に納得したのだろう、「早く手術できてよかったー。若いから(進行が早いのではないかと)心配やったんやって・・・」と、ひとまず安堵した(?)ようである。


受診が終わって、職場に出勤。
仕事に遅刻していくのは好きではない。気分的に慌しくなるゆえ。
そして、必ずといっていいほど、何かが起こっているものだから、である。今日もそうであった。
しかも、次から次へと・・・。
正直、疲れた。

疲れたのと、病気への不安感(さほど自覚していないが当然ある)からか、厭世的な気分になった。
心配してくれた友達のメールにも、愚痴っぽい返事を出してしまい、われながら後悔先に立たず。優しい友達は、俺の事情を察して、発破を掛ける返事を再度くれた。後ろ向きな気分になっていたことを、友達のメールにて知った次第である。

早めに帰宅して、娘と風呂に入る。マリンノートの夏用の入浴剤が心地よかった。
娘の髪を洗ってやり、その柔らかさに改めて気づく。
娘のぽちゃぽちゃした小さな手。丸くて柔らかいからだ。
子供特有の甘い香り。
湯気を立てるピンク色の皮膚。
可愛らしい下着や寝巻き。
俺を見上げる二つの瞳。くりんと丸くて黒目がちの、妻に良く似たこげ茶色の眼。
そうして、風呂上りの娘を抱きとめる妻の、豊かな仕草。
そんなものを見ていると、何だか鼻の奥が熱くなった。感傷的になっていると思う。

ガシガシと、わざと強めに歯を磨いた。明日からはピシッとしよう、と決心した。
雨にての一日が始まった。
猛暑日であった昨日と比べると、気温も低めであった。しかし、湿度の高いのが体力を奪う。

午前中、予約客との商談。午後のCT検査のためにさくさくと済ませたかったが、相手のあることとて、そうも行かない。正午を割って、いつものことだが、終了した。

CTを済ませて、泌尿器科医と話す。
予想通りの言い様であった。放射線科の医師の見立てによっても、おそらく悪いものであろうとのことで、見解が一致。要するに癌ということである。
症例数の多い、実績の確かな病院の泌尿器科への紹介状を書いてもらった。来週中には行くように、予定を調節せねばならなくなった。さすがに面倒だとは言えない。



俺の得た病は、RCC(Renal Cell Carcinoma)---腎細胞癌である。
右の腎臓に3センチほどの腫瘍がある。
大きいか、小さいかといえば、小さい部類だろう。早期に発見できたことは不幸中の幸いであった。
ただ、場所が悪い。腎臓の内側に腫瘍がある。よって、部分切除は大変難しく、右の腎臓を丸ごと取ってしまわねばならない。

腎臓のできものは9割方、悪性であるという。また専門医による診断も受けた。
それなのに、万が一にでも良性の腫瘍ではあるまいか、と思いたい気持ちが半分くらいあった。

良性か悪性かを確実にするには普通、その部分の細胞を取るという作業がなされるのであるが、腎臓は血液の豊富な臓器であり、癌が散らばる恐れがあるゆえ、そういうわけにはいかない。

①腎臓に腫瘍がある。
②専門医の見立てでは癌であろうとのことである。。
③唯一確実な治療は手術療法である。
④十に一、良性の腫瘍であったなら、腎臓は取られたけれど癌ではなくて良かった、と思えばよい。
④’十に九、悪性の腫瘍であったなら、早期に発見され、癌が切除されて良かった、と思える。
・・・そう思うしか、混乱する気持ちのやり場がなかった。

それにしても、癌持ちになっていたとはねぇ・・・。
圧痛があるとか、血尿があったとか、身体の症状があれば違うのだろうが、未だ実感がわかない。


帰宅後、妻に言葉少なめに事実のみ説明した。十中八九癌であること、紹介された病院で手術すること、などなど。
「治るの?治るんでしょ?」と信じがたい事実に驚愕と不安感を持って、妻は尋ねた。
当然の反応であろう。
「治るよ」と、俺は自分にも言い聞かせたくて、答えた。
「ほんとやよね?」と妻は念を押す。妻も自分に言い聞かせたいのだろう。
俺も「ほんとに治るよ」と、お互いに言い聞かせる。
いつもは五月蝿いくらいにおしゃべりな娘も、親たちの雰囲気を察して、神妙な顔をして黙って様子をうかがっていた。
食卓に笑いはなかった。

明日から夏休みだという娘に夜更かしを許して。となりのトトロを眺める。
すばらしい晴天。早朝よりぐんぐん気温が上がった。
上がりに上がったり、35.8度だったそうだ。どうりで、空調の効いた職場内にいても何となく冷えが悪く、モヤっとしていたはずだ。
肉体的に辛い一日であった。そして・・・。


五月から六月にかけて、職場の定期健診があった。
俺の職場では、出来ることは自分でするという、適当な検診である。それぞれが刺したり刺されたり、見たり見られたりしていたわけである。
その際俺は、超音波検査で引っかかったのだ。多忙に感けて、そのまま二ヶ月たった。

本日再検査に臨んだ。結果はあまり良いものではなかった。
「疑い」という言葉になってはいるが、俺の見て受けた感じでは「これは困ったわい」である。
急遽、明日の午後にCT検査をねじ込んでもらった。


帰宅後、妻にことの顛末を話す。
当然のことながら、心配げにしている。心配するなと言ってもするのだから。
俺が逆の立場なら、居ても立ってもいられないだろうから。同じように心配してくれることが、何やらヨロコビだったりして。俺もまた、のんきなものよ、と呆れるところである。
もとい、心配しすぎたのか、妻は頭を抱え込んでしまった。
抱え込みついでに、本当に頭が痛くなったようである。
「悪いものじゃないんでしょー?」と訊くが、答えに困る。
明日のCTと、放射線科の医師による画像診断を待たねばいけない、ということにしておいた。
俺のあいまいな答えに、妻は責めるわけにもいかず、といった風情であった。
すまないなー、と思う。
精神的にも辛い一日となった。


君も心配するか。
メールという、自発的なツールを使って告白するのは気が進まなかったのだ。
少数とはいえ、心配を閲覧者に振りまくようで、ここで告白するのも気が引けたのだが。事実は事実だ。
 [HOME] 
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[04/17 ミィ]
[04/12 はる]
[04/05 ミィ]
[04/04 はる]
[04/02 ミィ]
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
はる
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1970/01/31
リンク
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]