忍者ブログ


-----secret-----
84  83  82  81  80  79  78  77  76  75  74 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨にての一日が始まった。
猛暑日であった昨日と比べると、気温も低めであった。しかし、湿度の高いのが体力を奪う。

午前中、予約客との商談。午後のCT検査のためにさくさくと済ませたかったが、相手のあることとて、そうも行かない。正午を割って、いつものことだが、終了した。

CTを済ませて、泌尿器科医と話す。
予想通りの言い様であった。放射線科の医師の見立てによっても、おそらく悪いものであろうとのことで、見解が一致。要するに癌ということである。
症例数の多い、実績の確かな病院の泌尿器科への紹介状を書いてもらった。来週中には行くように、予定を調節せねばならなくなった。さすがに面倒だとは言えない。



俺の得た病は、RCC(Renal Cell Carcinoma)---腎細胞癌である。
右の腎臓に3センチほどの腫瘍がある。
大きいか、小さいかといえば、小さい部類だろう。早期に発見できたことは不幸中の幸いであった。
ただ、場所が悪い。腎臓の内側に腫瘍がある。よって、部分切除は大変難しく、右の腎臓を丸ごと取ってしまわねばならない。

腎臓のできものは9割方、悪性であるという。また専門医による診断も受けた。
それなのに、万が一にでも良性の腫瘍ではあるまいか、と思いたい気持ちが半分くらいあった。

良性か悪性かを確実にするには普通、その部分の細胞を取るという作業がなされるのであるが、腎臓は血液の豊富な臓器であり、癌が散らばる恐れがあるゆえ、そういうわけにはいかない。

①腎臓に腫瘍がある。
②専門医の見立てでは癌であろうとのことである。。
③唯一確実な治療は手術療法である。
④十に一、良性の腫瘍であったなら、腎臓は取られたけれど癌ではなくて良かった、と思えばよい。
④’十に九、悪性の腫瘍であったなら、早期に発見され、癌が切除されて良かった、と思える。
・・・そう思うしか、混乱する気持ちのやり場がなかった。

それにしても、癌持ちになっていたとはねぇ・・・。
圧痛があるとか、血尿があったとか、身体の症状があれば違うのだろうが、未だ実感がわかない。


帰宅後、妻に言葉少なめに事実のみ説明した。十中八九癌であること、紹介された病院で手術すること、などなど。
「治るの?治るんでしょ?」と信じがたい事実に驚愕と不安感を持って、妻は尋ねた。
当然の反応であろう。
「治るよ」と、俺は自分にも言い聞かせたくて、答えた。
「ほんとやよね?」と妻は念を押す。妻も自分に言い聞かせたいのだろう。
俺も「ほんとに治るよ」と、お互いに言い聞かせる。
いつもは五月蝿いくらいにおしゃべりな娘も、親たちの雰囲気を察して、神妙な顔をして黙って様子をうかがっていた。
食卓に笑いはなかった。

明日から夏休みだという娘に夜更かしを許して。となりのトトロを眺める。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はるさん、こんばんは。

昨日から心配していました。
私の周りには、癌の手術をして元気になった人が何人もいます。
大丈夫ですよ。きっと治ります。
早期に発見できてよかったではありませんか。
頑張ってくださいね(^^)v
遠い九州からエールを送ります。
れんげ URL 2008/07/18(Fri)23:49:08 編集
無題
れんげさん、ありがとう。

ご心配をかけました。
昨日までは多少動揺もしましたが、はっきりした今は心静かに過ごしています。
まだまだ若いと思っていたのに、知らずのうちがん年齢に差し掛かっていました。←少し早めですが・・・。
自分がこうなってから言うのも何ですが、れんげさんも周りの方も、健診を受けてくださいね。

心強いエールをありがとう♪
はる 2008/07/19(Sat)16:42:19 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[04/17 ミィ]
[04/12 はる]
[04/05 ミィ]
[04/04 はる]
[04/02 ミィ]
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
はる
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/01/31
リンク
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]