忍者ブログ


-----secret-----
19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(後付)
金曜日の俺は多忙である。
本日も遅めの帰りになった。遅めといっても、深夜ではない。
義母は俺の帰るなり「いつもこんなに遅いの?!」と、怒りとも驚きともとれない表情で訊いた。

義母は俺の仕事の事情を知っているはずなのだが。最愛の娘である俺の妻のこと、可愛い孫娘である俺の娘のことを想うと、口説いてしまうのかもしれない。
ちらっとむかついたが、上記のように思うことで完全に抑えることができる。

食べてきたのだが、義母が夕食を用意してくれていたのを食べる。
妻の味とは少々違うのだな。ほんの少し甘め。向こうの地酒に合う感じ、と思う辺りが左利きのゆえん。


義母とはあまり話すこともない。俺のことを無口だ、と義母は言った。
「そうですかねー?」と俺は相槌をうつ。義父が俺以上に口数が多いとは思えないが?と、内心思う。
疲れているからだろう、と義母は勝手に解釈してくれた。
まあ、そうでもある。一日ひとと話す仕事をしてくると、帰宅後はしゃべりたくないときもある。

話す話題が思いつかず。
娘のことなどが中心であったろうか。
届いていた幼稚園の制服を着せたとか。とてもよく似合って、しかもお嬢様みたいだった、と悦んでいた。
娘の幼稚園は私立である所為か、制服が上等なのだ。ユキ・トリイというデザイナーのブランドである。
帽子もかばんも、持ち物の全てが指定品だ。
金が掛かって仕方ないのだが。どうしたわけかこの土地では、公立の幼稚園は僻地(?)にしかないのだ。

義母が言う。妻が旅行中のつもりでここへ来たが、娘の入園式が見たいからそれまで滞在したい、と。
正直、いやである。
しかし、いやだとは言えない状況。
脳をフル稼働させて、機嫌を損ねず断る言い訳を考えたが、思いつかん。
承知しておいた。然るべくだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[04/17 ミィ]
[04/12 はる]
[04/05 ミィ]
[04/04 はる]
[04/02 ミィ]
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
はる
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/01/31
リンク
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]