忍者ブログ


-----secret-----
18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(後付)
ここ一週間の間、さまざまな出来事が次々に、俺に起こった。


まず引越し。
小荷物は、荷物を沢山積める(?)妻の車を使って、日を掛けてこまめに新居に運んでおいた。

新しく購入した家具・家電は既に、運び込まれている。
大きなテーブルセットが食事室に堂々と置かれている。
二階の寝室つきウォークインクローゼットには、半端婚礼家具のたんすが鈍く光って鎮座していた。
乾燥機能付き洗濯機はやはり、というべきか、今回は見送った。
薄型テレビだけを買った。
我が家も人並みのテレビ視聴環境が整ったわけである。
世界の亀山モデルである。
DVDとサラウンドシステムとのセットにして、専用テレビ台が付いている。
黒いテレビ台は漆器のような光沢を持ち、こまめに拭き掃除せねばならないが、美しい。

引越し業者に頼むべき物は、重くて大きな家具・家電ばかりだ。
3人の作業員がやってきた。チームのリーダーは女性である。残りの男たちは素直に彼女の指示に従うのだ。
彼女は何と、60キロはある金庫を一人で運ぶことができた。
俺は「女の人が・・・!」と感嘆した。男たちは「誰も(彼女を)女と思ってないですから」と冗談を言った。
気風の良い姐さんといった感じの女性であった。
手際の良さに感心している間に、作業は終わった。
小荷物を開け、片付け開始。

やがて、妻の母が到着。
ぐるりと見回って、新築の祝いの言葉を述べた。
まさか、嫌味は言わないだろうと予想していたが、祝いの言葉に少し驚いた。俺も軽く、感謝の言葉を述べた。
妻と義母と娘が、当座に入用の細々したものを買出しに出た。
俺は一人で、書斎の片付けだ。

真新しい台所の使い勝手は上々だ。まだ多少慣れない点はあるようだが。
母子の仲良く料理した、簡単な食事で夕食。
和やかであった。が、俺は少々緊張。


引越し直後に旅行に出る妻。しきりと申し訳ながっていた。
日にちのあることだから、仕方がない。
というより、めったにない機会なのだから、楽しんできてほしい。
京都・奈良と、女の一人旅には趣のある土地だろう。
春の花の咲き始めた社寺は、どんなにか美しいことだろう!

たくさんの写真を撮ってきてくれるように、妻に頼んだ。
それを見ながら、妻の旅を疑似体験したい。
いつか二人で、古都の旅をしたいものだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[04/17 ミィ]
[04/12 はる]
[04/05 ミィ]
[04/04 はる]
[04/02 ミィ]
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
はる
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/01/31
リンク
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]