忍者ブログ


-----secret-----
142  141  140  139  138  137  136  134  133  132  131 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家を揺らす強風の夜を越して、寒い朝である。雪のチラつく大みそか。

昨日妻子を里に帰した。
俺が年初から仕事だからである。亭主の留守に幼い娘とさびしい正月を過ごすより、実家の祖父祖母と過ごすほうがずっといいだろう、と思ったゆえである。いつか妻と交わした、正月の里帰りは小正月に、という約束は俺自ら破棄したわけである。
事情のため、正月の料理は用意していない。餅を煮て食うくらいだ。それが出勤前の慌ただしい元旦にはふさわしいだろう。
いつもより食材を多めに備蓄してある冷蔵庫をみて、妻の心づかいに感謝する。

夏目漱石の「こころ」をゆっくりと読みながら、大晦日の夜を過ごしている。何度も読み返して、内容を味わいながら考えながらの読書である。やっと「先生」の遺書の部分に差し掛かっている。
それにしても・・・「先生」死ぬ前によう書いたり!
この遺書によって全ての謎が明らかにされるとなると、興奮を覚える。
「先生」と「奥さん」の恋愛と謎めいた夫婦のありよう、親友の死。教科書に載る退屈で冗長な小説と思ったら大間違いの、大ドラマチック小説である。
それが、さすが文豪の名をほしいままにするだけあって、ちょっとしたこころの動き、うまく表現しにくいだろうこころの様子が、それしかないと思える的確な表現で簡潔に書き連ねてある。文章の彩、日本語の粋を感じて、目をとめて感心することしきりである。


少しの酒をすごし、大歳らしく今年を振り返ってみる。
ロクでもない歳であった、というのが第一の感想である。それには夏の一時病床に伏したことが多大に影響している、と思われる。
普段、いつでも死ねる、いつでも死んでいい、と思っているはずだった。しかしながら、生命の危機にまさに遭遇して、恐れを抱いた。思い出になりつつある今では、それを「ロクでもない」出来事だったと吐き捨てるように思い出す。
俺は生命があるにもかかわらず、俺の思うような望ましい何事もなせないことに拗ねていたのか。望んでいることが何なのかおぼろげながらわかり始めた今は、静かにそのように思われる。
その一つのために、また明日から俺は働くのだ。

平凡な日常に埋もれる幸せもあった。それらをひとつひとつ摘みあげ、大切に胸に抱くことのできるのを喜ばしく思う。
あのとき、毎日俺のベッドに寄り添ってくれた妻のことを。
あのとき、俺を励ましてくれたひとの言葉を。
あのとき、俺を安じてくれたひとたちのこころを。
あのときの笑顔を。
あのときの涙にぬれたありがとうを。
それぞれ、忘れることなく俺のうちにある。
確かに俺の足元を照らし、暗い道を行く勇気をくれる。
だから、俺は明日から生きるのだ。

行く年のあれもこれも済んだこと、といつか詠んだ。今の俺はこう詠む。

行く年の あれもこれも 我の糧


街灯の光の中に、雪がきらりと光り舞う。
きりりと冷えた大気の清しさの中、2008年を見送ろう。


《閲覧者のみなさまへ》
このページをご覧になってくださり、ありがとうございます。
このところは更新も滞る日が続いておりましたが、俺は元気にしております。
これからもこのペースでのろのろと営業していこうと思います。それが俺には負担にならず、ちょうどいいようですから。
来年もゆるく見守っていただければ幸いです。
インフルエンザが例年になく、早くから流行しているようです。
みなさまには、体調にくれぐれも留意なさって、新年をお迎えください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おめでとうございます
はるさん、明けましておめでとうございます。
新年早々、お仕事お疲れ様です。
奥様とお嬢さんをご実家へ・・・。
おじいちゃん、おばあちゃんも喜ばれたでしょう。
私も孫達が来て、賑やかな楽しい元日を過ごしました。
明日は、親孝行の日で実家に行きます。

昨年は、はるさんも私もいろいろと大変な年でしたが、
今年は楽しいことが一杯の年にしたいですね。

はるさんらしいブログ、時々拝見しに参ります。
ボチボチやってくださいね。
私は、相変わらずダラダラと長い日記を書きそうです(^^ゞ

病院に行く度に体調が悪かった昨年は、インフルエンザの予防接種を受けていません。
人混みに出るのは、極力避けたいと思っています。

はるさんもお体に気をつけて、お仕事されてくださいね。
今年もどうぞよろしく!
れんげ URL 2009/01/01(Thu)22:30:14 編集
あけましておめでとう
はるさん、新年が明けましたね。
おめでとうございます。
29日から東京に滞在していた私は大晦日に
なんとか帰ってきました。
当日こちらは雪が降ったり止んだり風もあり
滑走路の雪で飛行機の着陸がなかなかできず
2時間遅れの飛行機に乗り、普通1時間15分のところ上空で旋回して3時間かかってのフライトでした。
私は実家暮らしなので、相変わらずマッタリ母親と過ごしています。

昨年は、はるさんもいろいろありましたね。
今年は良い年になりますように。
人生にはいろんなスピードがあると思います。
私も、亀歩行かもしれませんが・・・。

健康で自分らしく過ごせることが幸せかなと感じる最近です。
チョコチョコ遊びに来ます。
私も相変わらず文才のない日記ですが・・。
今年も宜しくおねがいします。
ミィ 2009/01/02(Fri)11:57:23 編集
れんげさん、あけましておめでとうございます。
れんげさん、あけましておめでとうございます。
楽しいお正月を送られた由、嬉しい限りです。
くじ運悪く正月から仕事になってしまったので、これをいい機会にするべく、妻子に親孝行・祖父母孝行してもらいました^^

昨年はお互いに体調に悩まされることが多かったですね。
れんげさんはちゃんと検査を受け、気になるところを相談できるよい医師を持っていらっしゃる。大切なことですね。
本当に、今年は楽しみたいものです。というか、体の心配をせずに平凡な毎日を送れることが、最も大切なことのひとつだ、と今は思います。

れんげさんの日記楽しみにしています。毎日あれだけのものを書き続けられるのはすごいことです。応援しています。

インフルエンザ、手洗い嗽を心がけて、疲れをためず、注意しましょうね^^

今年もよろしくお願いいたします♪
はる 2009/01/02(Fri)21:14:09 編集
ミィちゃん、あけましておめでとうございます。
ミィちゃん、あけましておめでとうございます。
年末からの強い冬型でしたね。ニュースで千歳空港の様子を見て、ミィちゃんは東京からお帰りになれたのだろうか、とちょっと心配していました。

お母様と水入らずの正月もまた、静かでいいでしょう。俺はそう長い間母と正月を迎えなかったから、少しうらやましくもあるかな^^
孝行したいときには親はなし、などと言いますから、お母様を大事にして差し上げてくださいね。

HPを始めたころは毎日日記をつけることに気を取られて、窮屈な思いをすることもありました。今でも、更新の滞るのを気に病んだりしますが、だんだんとこのペースが落ち着くのだとわかりました。
止まりそうで止まらないブログです^^
お互いにぼちぼち続けていきましょう。

今年もよろしくお願いいたします♪
はる 2009/01/02(Fri)21:25:38 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[04/17 ミィ]
[04/12 はる]
[04/05 ミィ]
[04/04 はる]
[04/02 ミィ]
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
はる
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/01/31
リンク
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]