忍者ブログ


-----secret-----
107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本晴れ。一点の曇りもない、快晴。


今日から世界自殺予防週間が始まるそうだ。
自殺者の多くが、鬱状態に陥っていたということを思えば、鬱病を患う俺にも身近なことである。

俺は気づくと「死」について考えている。「死」に関する単語が頭の中に浮かんでは消え続けることがある。
俺が死んだら・・・・。
俺が死ぬとしたら、それはいつなのか?
どのようになのか?
多くの人が自分の死について日常考えることがない、とするならば、俺の状態は普通ではないのかもしれない。
だが、「死」について考えるということは「死にたい」ということとは違う。

俺は自殺はしないのではないかと思う。
なぜなら面倒だからである。ただ、その一点だけである。だから、俺は死にたくなったら寝に逃げることを繰り返している。俺にとって、寝ることは小さな死とも考えられる。
まだ「生」への欲求が極めて低い状態であるとも考えられる。
正直、ひょいと隣町へでも出かけるように、あの世へ行けそうな気になることがよくある。焦る。

それとも・・・「死」について考え煩悶するのは、「生」に執着しようとする気持ちの裏返しなのだろうか?


やさしい妻がいて、かわいい盛りの娘がいる。新築の家に住み、社会的立場の高いとされる職業につき、経済的に困窮しているわけでもない。
何が不満なのかと、贅沢だと、思われても仕方のない悩みである。
でも、覗き込む淵の底は暗く底知れず、何かが苦しげに蠢いているのがおぼろげに見とれるのだ。こんなものに気づかずにいたかった。
気づいてしまった今は、ぼんやりしているとすぐにそれは、俺の心のはざまに忍び込み、おぞましい姿を曝している。
とても切ない。


仕事が始まって、それに一生懸命である。職場にいるのは嫌ではない。忙しく、仕事のことだけを考えていられる環境は、むしろ救いである。
しかし、家に帰るとき、家に帰って一息ついたときが、いけない。どうっと疲れが出る。
何もしたくなくなる自分が嫌である。
賑やかに語りかける家族が煩わしかったり。妻の話を聞きたいと思い、娘の話を聞いてやらねばと思うのだが、どうもうまくいかない。話したり聞いたりする容量は職場で使い果たしてきている、とでもいうように。
仕事と家庭の両立はなかなかに困難である、ということか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「寝ることは小さな死」同感ですよ。
子供の頃から死というものはずっと眠り続けることだと思うことにしています。
怖いのは自ら死ぬことも出来ない状態になることです。
はるさんが死という事を考えるのはお仕事柄ということもあるのでしょうね。
だってそこは生と死の場所でもあるし、鈍感になっちゃったら、あまり考えることもなくなってしまうんではないかしら・・
「いつお迎えが来てもいい。」という年寄りもいい!という気持ちとまだ!という気持ちが入り乱れている様子に見て取れますし。
最近読んだ本にも「生まれてこない子供はいるけど、死なない人間はいない・・」などとありました。
まとまりのないこと書いちゃいましたねぇ。(汗)
すず URL 2008/09/11(Thu)22:40:09 編集
無題
昔指導してくれた方に、「患者とは常に三人称の関係でいるように」と言われました。私とあなたの関係になると、近すぎて冷静に見てとれないから、という意味だろうと思います。
職場では案外、鈍感でいるんですよ。ただ人の命の前に頭を垂れる謙虚さは持ち合わせていたいと、誰もが思っていることでしょう。
生まれたら必ず死ぬんですね。みんなあまり考えないみたいですが、病気のせいもあり、俺はちょくちょく考えてしまいます。
今のところ、自分で死ぬとは思いませんが、状況的に死ぬべきではないということもあり。
何と言うのでしょうね・・・自殺というのは良くない手段ですが、自死する自由(権利)というのもありうるのではないかと思います。
とりとめのない答えですね・・・^^;
はる 2008/09/13(Sat)21:59:10 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[04/17 ミィ]
[04/12 はる]
[04/05 ミィ]
[04/04 はる]
[04/02 ミィ]
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
はる
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/01/31
リンク
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]